ちょっとそこの似顔絵屋さん?TOPへ

気になるトイレこれは和式
中国において、日本人の女性観光客が一番心配するところはやはりトイレ。
初めて中国を訪れる場合これだけはおさえておきたいのは、中国のトイレはどこも紙を流してはいけないということ。
たいてい大きめのくずかごか、バケツがおいてありますので使用済みのペーパーはそちらへ。
なにせ物がトイレなもので、すこしお下品な表現もあろうかと思いますが、そこはご勘弁いただきたく。


ホテルのトイレ

定説「中国のトイレは汚い」けれども、街中にあるちゃんとしたホテル(4つ星・5つ星クラス)ならまず心配いりません。
中国におけるトイレのチェック項目→ ドア カギ 紙 といった三種の神器はまあクリア。
さらにホテルによっては、紙を流しても大丈夫なところもあります。トイレの壁などに中国語や英語で書いてある
何か:「紙を流さないでください」の張り紙や看板などが貼ってなければ、まず流しても大丈夫。
ホテルのトイレはお掃除人が常駐するケースが多く、その場合大体においてひとり入るたびに掃除するので、
清潔面においてもクリアできます。もちろんチップは不要。

北京の街中をぶらつくなら、女性はぜひいろいろなホテルの場所をあらかじめ地図で確認しておくことをお勧めします。



レストランのトイレ

ガイドブックにも載っているような、著名でかなり大きめのきれいなレストランなら、女性は行けないことはないでしょう。
ただし、快適かどうかは保証しかねます。店によってもかなり違うので一概に言えません。

比較的大きく、夜ゆったりと食事を楽しめるようなレストランなら、トイレに扉がないことはまあないでしょう。
とはいえ、カギが壊れている場合もありますので、できれば二人以上で行くことをお勧めします。
備え付けの紙は、切らしていることもよくあるので、ポケットティッシュは常に持っていきましょう。
洋式と和式の両方を用意しているレストランもありますが、洋式はあまりお勧めできません。
なぜなら、洋式トイレに慣れない中国人は、便器の上に土足で上がって用を足すからです。
女性用トイレなのに便座があがっていたり、何やら便座が異常に汚れている場合は例外なくそれなので要注意。
洋式しかないのにすべてそのような状態だったらどうするか。便座クリーナがあればいいが、
とてもそんなものでは間に合わないくらいの汚れも珍しくありません。中国人をまねて便座の上に乗るのもいいですが、
少々技がいります。初めての海外旅行が北京という友人の女性の証言は、「乗るのはいいが降りるときがとても怖かった。」
滑り落ちたりしないようにくれぐれもご注意を。
しかし、ここはやはり明治時代あたりの農村のつもりで、中腰で後ろ向きにするというのが無難でしょう。
腹筋が鍛えられてよいかもしれません。



マクドナルドやケンタッキーなど、外資系ファーストフードレストランの場合も、場所によってはきれいで快適なところもあります。
が、まあ行く前の心構えとしては、だいたい上のような状況だと考えておいたほうがよいでしょう。
ただ他の大きなレストランと異なる点は、外資系ファーストフードレストランというのは、現在中国人の間ではそこへ行くのが
「ステイタス」なので、いつもあらゆる年齢層の客が店いっぱいにあふれているということです。
したがって、トイレはだいたいにおいて長い列ができる。しかしあまり列に並ぶということを普段しない中国人の間にまじって、
日本人が行儀よく順番を待っているといざ自分の番が来たと思ったら、後から来た子供やおばさんや若い女性にさっさと
入られてしまうこともありますので、後から来る人に自分の陣地は明渡さないように、周りをよく見ていましょう。

完璧プライベート空間
順番を待っている間にスカートをたくし上げたり
ズボンを下ろして準備万端なおばさんと、
ズボンをずりあげながら個室から出てくる若くておしゃれな女性たち


そこらへんにある、ガイドブックに載っていない地元のお店は、トイレに壊れていないカギがついていればラッキーと
思わなければなりません。紙はないことの方が多く、水が流れなかったりすることもよくあります。
衛生面は言うに及ばずですが、それよりも客として不愉快になる瞬間といえば、「請勿大便(大便をしないでください)」
の文字を見つけたときですな。日本人女性のたしなみとしては、そりゃあ外ではなるべく控えますが、下痢してたりして、
どーしてもしたい場合どーすんの??君たち従業員はどーしてんのよってなもんで、下水管が細いのでつまってしまうなどの
事情もあるのでしょうが、知らんわいそんなもん。
経済改革で資本主義を導入した以上は客に負担をかけるんじゃありませんよ。
しかしそういう店のトイレには、便器の中に金網を張っていたり、大きめのバケツに水を汲んで置いておいたり、
いろいろと涙ぐましい行いも見えるのですが、逆にはなはだしきは、罰金50元などという高飛車な態度に出る店もありました。
素直に払う人がいるとはとても思えん。

なお、下町の小さな店になると、店にトイレがないという状況になるので、そういう場合近所の公衆トイレに行かざるを得なくなります。
→街角のトイレ:無料の場合

掃除が大変そう
トイレに金網。
最初、なんでこんなものが
あるのかわからなかった。


「今どきの生ちゃいな」へ          TOPへ



mail

(c)2000 Yukiko Kawai