すしネタ覚え書き
2017.4.8



フキと蛍イカ
 ほろ苦さは本来
シャリと相性が悪い。
苦みが強調されてしまう。
これを抑えるのが
蛍イカのワタの甘味。

春の食材の味わいは
ほろ苦さともいえるので、
ちょうどバランスを取ってくれる
食材を合わせました。
 
 桜鯛と菜の花
春らしさの食材で「里」と「海」
といえば、「菜の花」と「鯛」かな?

イメージだけで合わせてみたら
結構ピタッとくるものだ。
 
竹の子
 まだ土の中にいるうちに
取られた竹の子は柔らかい!

さかもと屋市兵衛では
下処理後に鯛の出汁で
炊き上げる。

土の香りと
ほのかな鯛の旨みを
味わってください。

TOP

さかもと屋市兵衛のページ